NOTIA通信

自閉症児のためのABAセラピーを行う「株式会社NOTIA」のスタッフによるブログです。

キャッチボールの中で…

こんにちは。


毎日毎日寒い日が続いております。

主人の実家…横手市では雪が積もったようです!!
年末帰る頃には、もっとひどいんだろうな~。
チビらは初めて見る雪なので、反応が楽しみです!!

(たぶん、寒くてそれどころじゃないかもしれませんが…)



話は変わりますが…

セラピー復帰をして約一ヶ月が経ちました!!

子供たちも寒い中よく私の厳しい(笑)セラピーに付き合ってくれています。


この間、男の子とキャッチボールをしていました。
上手に球を投げて、ちゃんと見てキャッチもできる子です。


最初はぽんぽんぽん…とリズムよくキャッチボールをしていたのですが、意地悪な私は途中でそっぽを向きました!!

すると、男の子はそのままリズムよくボールを投げてきて、案の定私の体にボールが当たってしまいました!!

よく、相手を見ていたら、「いくよー」とか「見て」と言うはず!!

だけど、男の子はきっととも先生は見ているだろうし、とってくれるだろうと思っているんですよね!!


相手をよく見て行動とれるように、単純なキャッチボールの中にも課題を入れていきます。

何回かやるときちんと見ていないときには声をかけてくれるようになりました。

よしよし!!

相手を見る課題は…
他の課題や遊びの中でも使えるので、また機会があったらやっていきたいですね。

(カルタや一緒に荷物運びなんかでもできそうですね。)



佐藤ともみ

SST報告 パート2

こんにちは、関西地区の楓です!
関西は紅葉が見ごろになってきました☆

今年の5月に森下SVが関西で取り組んでいるSSTについてブログに書いて下さいましたが、今回はSST報告パート2です!
5月のブログ→http://notia1213.blog.fc2.com/?pc

今年度は毎月1回のペースでおこなっているSSTですが、数回前から3つの役割を子どもたちに担当してもらっています☆
日直、生活係、学習係の3つで各1名ずつ毎回担当を決めています!
子どもたちは役割をもらえるのが嬉しいようで、自分が担当だとわかると少し緊張しながらも嬉しそうに取り組んでくれます♪

今回は図画工作の時間があり、2組に分かれてそれぞれで1枚の絵を描いてもらいました☆
どのように2組に分かれるか、分かれたあとに何の絵を描くかということを全て子どもたちだけで決めてもらうことが目的です!
子どもたちが決めるまで、大人は口を出さずに見守りました。

少しゴタゴタしましたが、なんとか3人と4人に分かれて作成開始です☆
何を描くのかを決めるのは3人組はすんなり決まったようですが、4人組は少しゴタゴタ…
みんなそれぞれに描きたいものが違ったようで、まとまるまでに時間がかかってしまいました(>_<)

それでもこうやって、お友だち同士で話し合いをして意見が違うならどうするのか、そういうことってなかなか普段はできないので、子どもたちにとって貴重なことだったのではないかなと思いました😊

そしてこれが出来上がった絵です☆
まずは3人組。
公園を描いたそうです!
すべり台やジャングルジムなど色鮮やかにいろいろな遊具を描いてますね☆

20131124160824691.jpg


こちらは4人組の絵です。
マリオを皆で描こうとしたようですが、なかなか決まらなかったり描くときに誰が何を描くかでもめてしまい顔のみになってしまいました!
完成すればどんな絵だったのか見てみたかったですが、今回は時間がなかったので残念です💦

201311241608251b4.jpg


それからSSTには毎回行動目標というのがあって、「授業中は静かにする」や「先生の言うことを聞く」などの目標があり、全てクリアできると終わりの会の時に金メダルがもらえます!
そして金メダルが5つたまると大きな金メダルももらえるのです!
(光の加減で暗くなりましたが、実物はキラキラしてます☆)

2013112414472032f.jpg


この大きな金メダルをもらえると子どもたちの顔はキラキラしてとても嬉しそう♪♪
自慢気に見せてくれる子もいます😊

回を追うごとに授業態度が良くなったり、先生の指示に従えるようになったり、お友だちと上手に遊べるようになる子どもたちを見ると私も嬉しいです♪
これからも大きな金メダルを目指して頑張ってほしいです!

それでは今回はこのへんで☆
またSSTの報告をさせてもらいます😊

楓 綾巴

☆自己紹介《第三部》

事務局の呉竹です
ご無沙汰しております

もうすっかり冬ですね
最近まで暑い暑いと言っていたように思いますが
今ではすっかり寒い寒い
そんな寒い冬は私の季節

なぜかって
それは私の勝手な妄想なのですが…
冬って12月~って感じがしませんか
その始まりの12月1日が私の誕生日なのです

だから冬と言えば私の季節
その後はクリスマス
お正月
(つみきの会代表の誕生日)
節分
バレンタイン
と、行事がぎっしり

行事って結構好きなので、楽しみがいっぱいです

しかししかし、親になってからは(私も一応二児の母親なのです)
行事があるたび出費がかさむので、前ほどは楽しみではなくなってしまったかもしれませんが…

なんと子どもたちの誕生日も冬なので余計に出費がかさむかさむ
(1月生まれと2月生まれで、1月生まれの息子はなんと代表と誕生日が一緒なのです)

それでも行事は大好きなので、今年はバレー仲間と体育館を1日中貸し切って
運動会ちっくな事を交えて、クリスマスパーティーでもしようかと考え中
色んな企画をしたり、サプライズを考えたりが大好きで、結構主催側になることが
多い私ですが、実は密かにサプライズとかして欲しいと思っていたりするのです

でも今まで感動するような?サプライズをしてもらったことが一度もありません
私はしてもらう側ではなく、やはりする側なのですね
これからも色んな人たちのために色んなサプライズを考えることに徹しよう

皆さんは何かサプライズをしてもらったり、してみたりしたことはありますか
何か良かったサプライズがあれば教えていただきたいです

自己紹介ネタではなくなってきたような気がしますが…
今回はこの辺で

たまねぎ

こんにちは。事務局の山田です。

行事の多い2学期、この前運動会が終わったと思っていたら
我が家は来週末が音楽会です

次男は初めての小学校の音楽会で、
タンブリン(正式にはタンバリンではないんですね)をします。
家でも練習するように、との事で楽譜を毎日持って帰り、
夕食後に練習するのですが・・・

タンブリンなので当たり前ですが、リズムパート。
私は小さい頃一応ピアノを習っていたので、
鍵盤ハーモニカやリコーダーなどなら教えられるのですが、
タンブリンを教えるのはなかなか難しい

「タンタンタンウン、ウンウンタンタン・・・」
なんてやっても、リズムが早くなればごちゃごちゃになってしまうし
やって見せてもイマイチ真似してできるようでもなく

そんなこんなで「ちがうやん」「どこが~?」
とあまり上達しないようなことをしていたのですが
今週学校から帰った次男が
「たまねぎやで!しかも、ねを強く」と言うのです。

「何?何の話?」と聞いてみると
リズム打ちを「タンタンタンウン・・」とやるのではなく、
拍数にあった言葉に置き換えて練習するのだそうです。
そして「ねを強く」というのは2拍目を強く打つ、わけです。

実際にやってみると・・・
うまくいくではありませんか
「たまねぎ」が魔法の呪文のように聞こえます

かくして我が家では毎晩
「たまねぎ、たまねぎ」の呪文の言葉とともに
タンブリンの軽快な()リズムが響くのでした

ホーム

プロフィール

㈱NOTIA

Author:㈱NOTIA
NOTIAはNO TEAR(泣かないで)。「お父さん、お母さん、泣かないで。私たちがついています」というメッセージを込めています。
NOTIAが目指すのは、自閉症をはじめとする発達障害を持つ幼い子どもたちのために、親とセラピストが対等な立場で協力し、励まし合ってABAセラピーに取り組む、という療育スタイルです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR