FC2ブログ

ABA支援者養成講座

未分類
07 /31 2014
こんにちは。事務局の山田です。

今回は、つみきの会が行います「ABA支援者養成講座」のご案内です。

自閉症をはじめとする発達障害の療育・教育に携わる皆様を対象とした
「ABA支援者養成講座」を下記の要領で開催します。

【日程】2014年8月29日(金)、30日(土)

【場所】神戸市勤労会館

【参加費】エントリー料金(エントリー代+エントリー試験受験料):5000円
      養成講座受講料:10000円

【対象者】自閉症やその他の発達障害児・者の療育・教育・支援に実際に携わっておられる医療、保健、療育、教育、福祉関係者
※保護者の方の参加はご遠慮ください。

【定員】12名

【スケジュール】
一日目スケジュール 29日(金)
10:00  エントリー試験
10:40  講義①「ABAの基本原理」
11:50  試験合否発表
12:00  昼休み
13:00  講義②「教え方の基本」
14:15  実習 (自閉症幼児に対するABA療育の体験実習)
16:00  補足説明・質疑応答
16:40  終了

二日目スケジュール 30日(土)
10:00  講義③ 「問題行動への対処法①」
11:00  講義④ 「問題行動への対処法②」
12:00  昼休み
13:00  講義⑤「シェイピングとチェイニング」
14:15  修了試験(学科)
15:00  修了試験(実技)
16:00  まとめ・質疑応答
16:40  終了

【申し込み方法】8月8日(金)12時までにつみきの会事務局(gate@tsumiki.org)までメールでお申し込みください。
その際、件名に「ABA支援者養成講座参加希望」と明記し、以下の事項をお書きください。
・氏名、年齢、性別、生年月日
・自宅住所(郵便番号も)、電話番号(携帯も)、メールアドレス
・職業、所属、発達障害を持つ子どもtの関わり、参加希望理由
・つみきの会会員・非会員の別。会員の場合は会員の種別(準会員・ゲスト会員など)。会員歴。

【受講料支払い】お申込から一週間以内に、申込受付のメールを事務局より差し上げます。その指示に従い、エントリー料金5000円を指定口座に振り込んで下さい。養成講座受講料10000円は当日ご持参下さい。

【テキスト発送、事前学習】8月16日までにテキストをご自宅にお送りしますので、当日までにしっかり読んで頭に入れておいてください。

【エントリー試験】一日目の 8 月 29 日 10:00 より、テキストの内容理解の有無を問う試験を行ないます。試験合格
者(60 点以上)のみ、それ以降の講習を受けることができます。

【実習】つみきの会会員のご協力を得て、自閉症その他の発達障害を持つ就学前のお子さんを相手に、セラピーの体験実習を行ないます。
動きやすいラフな格好で来て下さい。スカート、ネックレスは不可です。

【修了試験】二日目に修了試験を行ないます。修了試験は筆記試験と実技試験から成ります。
筆記試験はABAの基本原理や問題行動の対処法についての理解の度合いを測るものです。  
実技試験は指示の出し方、プロンプトの仕方、強化の仕方などについて、実習で学んだポイントが身についているかどうかを問います。

【修了認定証】修了試験で満足のいく成績を収めた方には、後日「ABA支援者養成講座修了認定証」をご自宅に郵送させていただきます。

【お問い合わせ】つみきの会事務局(gate@tsumiki.org)宛にお問い合わせください。
電話:078-928-6080 月~金 10:00~15:00
 (不在の場合は後日改めてお問い合わせください)

皆様のお申込みお待ちしております。

大阪・神戸 合同勉強会

未分類
07 /21 2014
皆様、こんにちは☆
関西地区の楓です!

いつも大阪と神戸は別々に勉強会をおこなっていますが、今月はアメリカのBEARSからボブ・チェンさんと上原さんをお招きして合同で勉強会をおこないました。

英語が全然話せない私はお二人にお会いする前から緊張してしまっていましたが、お二人ともとても気さくだったのですぐに緊張は解けました☆
講義ではBEARSでのセラピーの取り組み方や大事にされていることなどをお聞きすることができました!
また実際のセラピーのビデオでお子さんの変化も見せて頂けたので、とてもわかりやすく勉強になりました。

講義の途中で大阪のセラピストが訪問しているお子さんにデモに来て頂き、セラピーの改善点や身体的な関わりなどを教えて頂きました。
やはり実践は大切で、実際にやることで大切な感覚を掴めたのではないかと思います

勉強会のあとは一緒に食事にも行かせて頂きました!
ここでも聞きたいことがたくさんあって、時間が足りないくらいでした。

英語が話せない私にも嫌な顔一つせずに質問に答えて下さり、ありがたかったです。
私は土曜日のSSTや日曜日の講演会でもご一緒できたのですが、それでも話し足りなくてセラピー以外のこともいろいろとお話したかったなーと残念でした

この一週間は本当に勉強になり、とても刺激的な一週間でした!
ボブさん、上原さん、本当にありがとうございました。

次お会いするときまでに少しでも英語が理解できるよう勉強します


IMG_6274.jpg


関西地区
楓 綾巴

種の出し方

未分類
07 /11 2014
こんにちは。 関東の池田です。

今日はあるご家庭で「種の出しかた」を練習したら出来るようになったのでご紹介します。

そのお子さんは、さくらんぼの種を丸飲みしてしまうお子さんでしたので、
次のようなステップを踏みました。
やり方はお母さんのマネをお子さんにしてもらう動作模倣の要領です。

1、種だけを口に入れて吐き出す
2、実と種(4分の1程度)を別々にした状態で口に入れて種だけを吐き出す
3、半分の実に一度とった種をつけて口に入れて、実食べたあとに種だけだす。
4、種をついたままの半分の実を口に入れて種だけを吐き出す。

今まで丸飲みしていたお子さんは種の存在がわかっていないようでしたので、
まずは種だけを意識させてみました。
この時、口の中に数秒間入れさせて舌で種を感じるようにします。
2は、実と種をつけたままだと、種を実からはがすのができなかったため、
ご家庭から種と実を分離させてからどうか。との案でやってみるとうまくいきました!
だんだん実の分量を多くして行ったのですが、お子さんは今までできていたかのように
「ポイ」っと種を出せるようになりました
基礎スキルの動作模倣を積み重ねてきたお子さんの成果と
スモールステップの成果を感じた
瞬間でした

未分類
07 /06 2014
こんにちは、新潟の松井です。

ABAのセラピーをやっているご家庭ではカードの教材はもちろん、3Dの教材もたくさんご用意されていることと思います。
動物、食べ物、乗り物・・・色々な3D教材を集めて使っていますが、先日とあるご家庭でこんなにリアルな3D教材を使わせてもらう機会がありました。



photo22.jpg


そう、虫の仲間です。
材質はちょっと硬いシリコンみたいな感じなんですが、これが何ともリアル!
ちょうちょやテントウムシ辺りは抵抗なく触れますが、手前の茶色いGさんとか、右側のいもむしくんとか・・・なんというか、リアルな感じでちょっとぞわっとします。(笑)

しかも、私もなんだかテンパっているのか
「(カマキリを持って)これなに?」
「・・・バッタ」
「そうだね!」

なんて間違っているのに褒めちゃったりして。
困ったもんです。

この感覚って何なんでしょうね。

世のお母様方は、わが子のおむつ替えの時に顔をしかめたりしませんよね。
偶然手に汚物が付いたところで「拭きゃきれいになる」と、何とも思いません。

なのに、虫(しかもニセモノ!)を触ってぞわっとするって・・・。
むしろこっちの方がきれいなのに・・・。

きれい、汚いの問題じゃないのかしら。
好き、嫌いの問題??

不思議なものです。
でも、そんなぞわ、にも負けず、名前付けと分類、頑張って行こうと思います!^-^


松井

にじ

未分類
07 /03 2014
こんにちは(^O^)
事務局の山田です。

今日の関西は久ぶりに雨になりました。
そんなこの時期にぴったりの歌をご紹介したいと思います。

「にじ」

庭のシャベルが一日ぬれて
雨があがって くしゃみをひとつ
雲が流れて光がさして
見上げてみれば
ラララ

※虹が虹が 空に架かって
君の君の 気分も晴れて
きっと明日はいい天気
きっと明日はいい天気

洗濯物が一日ぬれて
風にふかれて くしゃみをひとつ
雲が流れて光がさして
見上げてみれば
ラララ

※くりかえし

あの子の遠足 一日のびて
涙かわいて くしゃみをひとつ
雲が流れて光がさして
見上げてみれば
ラララ

※くりかえし

先日は保育所に通う娘が歌っていて、
それを聞いた小学生の息子達も「知ってる~」と言って
大合唱になりました♪

http://www.youtube.com/watch?v=mE9v_O0IhWw
↑ここから聴くことができます。

ちょっと口ずさむのにもいい感じです。

梅雨明けまであともう少し。
元気に過ごしたいと思います






㈱NOTIA

NOTIAはNO TEAR(泣かないで)。「お父さん、お母さん、泣かないで。私たちがついています」というメッセージを込めています。
NOTIAが目指すのは、自閉症をはじめとする発達障害を持つ幼い子どもたちのために、親とセラピストが対等な立場で協力し、励まし合ってABAセラピーに取り組む、という療育スタイルです。