NOTIA通信

自閉症児のためのABAセラピーを行う「株式会社NOTIA」のスタッフによるブログです。

課題から遊びに

こんにちは。北海道の秋本です。
いよいよ今年も残すところわずかとなりました。

NOTIAではコンプライアンスをきっちり形成し、デスクでフォーマルな学習を行うことを重視しています。
ただ、それを意識しすぎてセラピー全体が机上で行うものに偏り、バランスの悪いセラピーになったという経験はないでしょうか?(私はあります!)
それだとお子さんも疲れるでしょうし、飽きも早いと思います。
気分転換のためにも適度にデスク外での課題を取り入れたいです。

その一環として、習得した課題を遊びにしてしまうのも面白いと思います。
例えば、色の命名についてかなり上手になったら、色に関する遊びを調べたり、作ったりするのです。

色混ぜ:絵の具どうしを単純に混ぜるだけ!変化を楽しめるようであれば十分遊びになります。
色宝探し: 「探す」課題と組み合わせて、指定された色のものを持ってくる!一つ持って来られるたびに強化してあげます。
色おに :「鬼ごっこ」も理解できていれは、今度は色おにで遊ぶこともできます。こちらは時間制限のようになるので、ハラハラ感も楽しめます。

これらの遊びはセラピー内での息抜きになりますし、般化を進めることにも役立っています。
また、遊びの中で新たな課題を見つけることもあります。
「汚れるのが嫌で絵の具を使えない」とか、「鬼役が上手くできない」とかです。

新しい課題も後々は克服したいですが、ここでは楽しく遊ぶほうが主目的。
まずはお子さんが楽しめる形となるようにしています。
「手袋して筆を使ってやる!」、「逃げる方だけやる!」といった感じですね。

セラピーでは大変な部分も勿論あります。
それでも遊びや強化をしっかり取り入れて、全体として楽しいセラピーと感じることが出来れば一番良いですね。

それでは皆様、良いお年をお迎えください!

ツリーを作ったよ

メリークリスマス!

お子さんたちにサンタさんからのプレゼントはあったでしょうか?
それとも頑張ってるお母さん(またはお父さん)に何か良いことはあるでしょうか??

最近のセラピー&SSTでの作品を紹介します。

まずは私の訪問しているお子さんIくんとピアトレに来ているKちゃんの作品です。
image1 (4)
2時間のセラピーのうち1時間をお友達に来ていただき、一緒に遊んだりお勉強の時間を作っています。お母さんにも一緒に参加していただいています。
Iくんは右側の作品。男の子らしいですよね。
普段は電車が大好きですがこの日はヘリコプターを貼っていました。
Kちゃんは女の子らしくキラキラ!しています。


そして関西地区で行っている12月のSSTはクリスマスパーティーがありました。みんなで「きらきらぼし」を鍵盤ハーモニカで合奏したり、「あわてんぼうのサンタクロース」を歌ってケーキを食べました。(その前に配膳の練習もしました)
図工の時間には、ツリーつくりをしました。

今年は2グループに分かれ、グループごとに活動を行う機会を多く作っているのですが、この日もグループに分かれての活動でした。限られた時間の中でそれぞれ好きな飾りや絵をかいて、大きなツリーに貼っていました。

image1 (5)

小さく見えますが、縦に70センチくらいはあるんですよ。



ツリーを楽しめる時間もあとわずかとなりましたね。皆さんのおうちのツリーはどんな感じだったでしょうか?


関西地区
森下 真生

偏食

東海地区の大西です。

最近やっと冬らしい気温になってきましたね。
皆さん風邪などひかれていませんか?

セラピストはかなり声を使うお仕事なので、一旦喉の調子が悪くなってしまうとなかなか回復しなかったりします。
私も、喉には気をつけていて、ちょっとイガイガするな・・・と思う日には、就寝時にもマスクをして寝たりします。
(でも、いつの間にか外してしまって、朝起きると枕元に置いてあることもしばしば・・・笑)


さて、タイトルの『偏食』についてですが、最近、ある担当のお子さんに、偏食を直す指導を行うことになりました。
実は偏食の指導は初めてなので、私も試行錯誤です。
嫌いなものを食べると嘔吐してしまう、とのことで、ドキドキしながら開始したのですが、今のところ、嘔吐することなく順調に進んでいます。
偏食指導自体は、至って普通なやり方なので詳しくは書きませんが、嫌いなものをひとかけら食べたら、好物を一口食べれる、というやり方をしています。
そのお子さんは、自閉症の偏食としてはそんなに重い方ではないと思いますが、そもそも塩と砂糖以外の調味料を受け付けないため、かなり食事が限定されてしまっています。

食べられる食品を増やすこと以外に、醤油味を食べられるようにしよう、と保護者の方と決めました。

そこで大活躍したのが・・・

さかな

この子です。
そう、お寿司とかについてくるアレです。

既に食べられる食材に、醤油を1滴垂らしたものを食べるところから始めたのですが、
この醤油さしを見せたところ、「やりたい!!」と言い、目を輝かせながら自分で醤油をかけました。
食べるときには顔をしかめて身震いしていましたが、自分でかけたからか、素直に食べました。


そして、嫌な味がするとわかったはずなのに、次からも「かける?」と聞いたら、醤油さしを使いたい一心で、
「かける!!!」と即答し、不思議なほど嬉しそうにかけていました。
その日は、食べるときの身震いは続いたのですが、次の回でまた食べさせたところ、多少嫌な顔はするものの、震えなくなっていました。
そして3回目では、醤油を数滴垂らしても、ガツガツ食べて「おかわり!」と言うようになりました。たくましい!
(朝ご飯を抜いてもらっているので、お腹が空いているのです)

改めて、そういった小道具の力は大きいなぁと感じました。
これから様々な食材を食べれるように練習していくにあたり、食べること自体を楽しくするような工夫も、出来る限りしていきたいなと思いました。

ちなみにそのお子さんは、初めからそんなにお利口さんだったわけではありません。
2年前にセラピーを始めた際は、大変な癇癪持ちで、しょっちゅう泣き叫び、唾を吐き、教材を投げていました。

今回の偏食指導で、嫌いな味なのにがんばって食べてくれた姿を見て、セラピーをやってきた甲斐があったなぁと感慨深かったです。

各地で頑張ってます!

こんにちは。
今日は久しぶりに愛媛県に日帰りコンサルティングにいってきました。朝は大阪を6時前出発、今は帰宅中で到着は21時くらいになりそうです。

image1 (3)

☆行きの列車しおかぜからの大好きな風景です


愛媛にはノティアのセラピストが1人おり、何件かのご家庭を担当させていただいてます。

私も以前は4ヶ月に一度お伺いしてましたが、出産後はなかなか時間が取れなかったため、今回約2年ぶりの訪問でした。

2年前から知っているお子さんは大きくなっていましたし、今回初めましてのお子さん達もとてもよく頑張って、行った私が元気をもらって帰っているところです!

ノティアは北海道、東北、関東、新潟、東海、関西、と2名から十数名セラピストが在籍してる地域もありますが
このようにたった1人でげんきに頑張っているセラピストもいます。

今日は車で移動しながら、色々とゆっくり話すことが出来てうれしかったです。
愛媛の山は綺麗な紅葉でそれもまた癒されました。

また4ヶ月後が楽しみです♫

関西地区
森下真生

師走に入りました。

皆さんこんにちは。新潟の松井です。
師走に入りましたが、なんだか今年は暖冬ですね。
いつもこの時期の新潟はグレーの空がどよーんと広がっているのですが、今年は快晴の日もあったりしてセラピーに行くのが気持ちいいです。

私は今日、年賀状を買いました!あとは、クリスマスの用意もちょっとずつ始めています。
年末は忙しいので前倒しで動き出しています。

NOTIAのセラピーは28日まであります。今月も元気にセラピーをしていきたいと思います!^-^



↑ またまたよろしくお願いしまーす。

ホーム

プロフィール

㈱NOTIA

Author:㈱NOTIA
NOTIAはNO TEAR(泣かないで)。「お父さん、お母さん、泣かないで。私たちがついています」というメッセージを込めています。
NOTIAが目指すのは、自閉症をはじめとする発達障害を持つ幼い子どもたちのために、親とセラピストが対等な立場で協力し、励まし合ってABAセラピーに取り組む、という療育スタイルです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR