NOTIA通信

自閉症児のためのABAセラピーを行う「株式会社NOTIA」のスタッフによるブログです。

卒業メッセージ

皆様こんにちは、 新潟の松井です。
3月もあっという間に半分を過ぎ、卒業式、卒園式の季節がやってきましたね。
つみきの会でもセラピスト訪問が3月で終わる人、一つの区切りを迎える人などたくさんいます。

つみきの会では、そんな先輩パパさんママさんから卒業メッセージと題してABAをやってみての感想、今までのことを振り返っての言葉を募集しました。そして、何人かの方たちが書いてくださいました。

その一つ一つがノンフィクションですから、ぐっと心にせまるものがあり、ぜひここでも紹介させてもらいたいと思っています。
↓そのブログがこちらです。

つみき通信

私は最近つくづくABAのすごさを実感しています。そして同時にその難しさ、奥深さに言葉を失いかけてしまったりしています。
私たちセラピストの仕事は決して派手な仕事ではなく、こつこつと本当に小さなつみきを積み上げてはたまに崩れ、また頑張って積み上げているような仕事です。けれど、そこのある喜びは計り知れないほど大きく、子供たちの「できた!」でどれほど涙を流したかわかりません。
たまに、私って世界のすみっこで本当に小さな喜びを感じて生きている小さな存在だな・・・とか思ったりしますが、そのすみっこぐらしがたまらなくやりがいがあるのです。
けれど、つみき通信のように、保護者の方々の手記を読む機会はあまりないので実際に保護者の方やご家族がどんな風に感じられているのか、こんな形で知ることはできません。
そういった意味でもとても興味深い読み物であることは間違いありません。

ぜひ読んでいただければ幸いです。

もうすぐ桜の季節ですね。春はもうそこまで。

松井

年度末

東海地区の大西、改め奥野です。
今週末に結婚式をするので名字が変わりました。
皆さまこれからも宜しくお願い致します。


さて、もう年度末…卒業の季節ですね。

私の担当にも、就学間近なお子さんがいて、
お母さんと一緒にあれやこれや準備をしています。
ABAを始めたばかりの頃を思い返すと、本当に成長したなぁ…と感慨深いです。

お子さんたちが学校でなるべく困らず過ごせるように、身辺自立のやり直しなども行ってきました。
理想としては、学校で「着替えて」という声かけで、自分から体操服の袋を手に取り、着替え、脱いだ服をたたみ、
次に「着替えて」と言われたら、今度は体操服を脱いで私服に着替えてほしいですよね。

担当していたお子さんで、脱ぎ着自体は上手くなったのですが、今脱いだ服と、これから着る服の違いがどうしてもわからないお子さんがいました。
「着替えて」と服を渡すと、着ている服を脱いで、、、またそれを着てしまうのです。
もちろん、かごを用意して、脱いだ服をそこに入れたりさせたら間違えないのですが、袋に入っている服を出し、代わりに脱いだ服を袋に入れる…をやろうとすると何回かに1度、取り違えてしまいます。

そこで、お母さんに体操服を出来るだけ早めに買って頂けるようお願いをし、
体操服が手に入るまで、その課題は保留にすることにしました。

体操服は、見た目の雰囲気が他の服と違いますし、
ワンセットでいつも同じなので、分かりやすいだろうと思ったからです。

実際、体操服を購入してから再挑戦したところ、すぐに出来るようになりました。
今は、脱いだ服が机から落ちたりすると(視界から消えてしまうので)袋にしまい忘れてしまう…という問題だけは残されていますが、それ以外は「着替えて」の声かけだけで、補助なしで出来るようになりました。

就学前の準備には、本物を早めに手に入れて練習出来たら、
二度手間にならなかったり、今回のようにそもそも分かりやすかったり、
いろいろ利点がありますね。

そのお子さんは、ピカピカのランドセルも買ってもらい、開閉も無事マスターしました。
ランドセルを見るお子さんの目が、何だかいつになくキラキラしていて、私も嬉しい気持ちになります。

NOTIAから卒業するみんなが、楽しい学校生活を送れますように。

3月です

皆様ご無沙汰しております、松井です。

あっという間に3月がやってきました。2月はうるう年といえども29日しかなかったためとても短く感じませんでしたか?
小学校を控えているお子さんのいるご家庭では、入学説明会などがあり、いよいよ・・・といった2月だったかもしれません。
私事ですが、我が家の二女もこの春から一年生なので、今年度はなんだか変化のある春という感じがします。

今日からは3月です。
私は今まで娘の保育園の後援会会長(PTA会長みたいなもの)をしていたのですが、この3月で娘が卒園なのでいよいよ会長も卒業となります。これまで3年間ずっと会長をしていたものですから、園のこどもたちには「まついかいちょーさん!!」と親しみを込めて呼んでもらっていました。それもこの3月で終わりかぁ…、この園に通うのももう終わりかぁ…と思うと涙が出ないわけがありません。

(;д;)それこそ長女のときからなので8年間毎日毎日送り続けてきた保育園とお別れか…と思うと・・。うぅ・・・。。゚(゚´Д`゚)゚。
湿っぽくなってしまいます。

子どもたちは、ドッキドキドン一年生♪で全然淋しい感じもなく、小学校楽しみ!の気持ちが大きいようですが・・・。
親の方がもう毎朝保育園を見ると泣きそうになります。

もしどこかで私を見かけて顔がむくんでいたら保育園ロスなんだな、と思ってほおっておいてください。笑

なんだかじめっとしたブログになってしまいましたが。3月、今年度最後の月も頑張ってまいりましょう!

松井

ホーム

プロフィール

㈱NOTIA

Author:㈱NOTIA
NOTIAはNO TEAR(泣かないで)。「お父さん、お母さん、泣かないで。私たちがついています」というメッセージを込めています。
NOTIAが目指すのは、自閉症をはじめとする発達障害を持つ幼い子どもたちのために、親とセラピストが対等な立場で協力し、励まし合ってABAセラピーに取り組む、という療育スタイルです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR