NOTIA通信

自閉症児のためのABAセラピーを行う「株式会社NOTIA」のスタッフによるブログです。

素敵な作品

関西地区の森下です。

8月も終わりに近づき、ただいま関西では神戸市にてABA支援者養成講座を行っております。
全国各地からABAを学びたい!!という方々が参加し、3日間にわたり講義や実地訓練に取り組まれています。
私も2日間参加し、皆様の熱意に元気をもらったばかりです。

さて、今日はあるセラピストのピアトレーニングを見学したときに、とても素敵な作品を作っていたのでご紹介します。

ピアトレーニングとは、ピアとなるお子様に来ていただき、先生の指示の元、一緒に課題をしたり遊ぶことを通じ、普段セラピーでやっていることの般化を促したり、園でのお友達とのやりとりを円滑にしていくために行っていきます。


こちらのご家庭では週二回のセラピーのうち、週一回の1時間をピアトレーニングにあて、ピアのお子様1名に来ていただいています。
ピアトレを始めて4ヶ月、お友達と会話したり一緒に遊ぶことが増えてきてとても良い雰囲気を見させてもらいました。

課題の中の1つ制作の時間に「ちぎり絵」を行っていました。
工程を説明したあと、折り紙をちぎり、ノリで貼っていきます。

時間をかけ、がんばって作ったのがこちら。
iage3 (2)


そしてセラピストが作ってきた、こちらの画用紙を重ねます。
mage1 (8)


そうすると、、、、

mage2 (2)

こんなに素敵な打ち上げ花火が出来上がりました☆☆☆

課題1つ1つは、何を目的にするかを明確にし、行っています。

ピアトレの難しさは担当のお子様だけでなく、ピアのお子さんにも楽しんで、毎回来たいな〜と思っていただける工夫も必要です。
この日もピアのお子さんはとても楽しそうに受け、作品をお土産に帰っていきました。

さすが!と褒めたくなるセラピー時間でした。

あっという間に夏休み後半

松井です。

この間8月になったと思っていたらあっという間にお盆休みも終わり、夏休み後半に入ってしまいました。
台風も近づいてきて、いよいよ残暑の厳しい日々が襲ってくるなあとなんだか淋しい気持ちです。

8月、個人的にはビギナーズセミナーをさせていただいたことが大きな出来事でした。
午前中にはABAの基礎原理と問題行動への対処などの講義をして、午後からは具体的なセラピーのやり方、プログラムの立て方などをお伝えして、実際のデモのお子様に来てもらって皆さんでセラピーを体験する流れでした。

教員をしていたころは毎日朝から晩までしゃべり通しでしたのでのども強く、声にも張りがあったのですが、最近はもう大きな声を出す機会もないので声が細くなったなあと思っていました。実際喋ってみるとやっぱり鍛錬が足りんなあと反省しきりでした。

声だけでなく、内容や時間配分などもなかなか難しい。人前で喋るのって難しいですね。
それでも、参加してくださった皆さんの熱意に支えられ、お手伝いしてくれたセラピストたちに支えられ、何とか(私的には)大仕事を終えることが出来ました。帰りの新幹線では爆睡でした。



その後はオリンピック漬けの毎日を過ごしている私です。

そんな風に過ごしていたらきっとあっという間に秋、そして冬が来てしまうんだろうな…と思うと少し恐ろしい。
もう少し時間を有効に使いたい私なのでした。

ホーム

プロフィール

㈱NOTIA

Author:㈱NOTIA
NOTIAはNO TEAR(泣かないで)。「お父さん、お母さん、泣かないで。私たちがついています」というメッセージを込めています。
NOTIAが目指すのは、自閉症をはじめとする発達障害を持つ幼い子どもたちのために、親とセラピストが対等な立場で協力し、励まし合ってABAセラピーに取り組む、という療育スタイルです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR