NOTIA通信

自閉症児のためのABAセラピーを行う「株式会社NOTIA」のスタッフによるブログです。

ABA基礎セミナー in 新潟 が開催されました

10月15日土曜日に新潟市西区にてABA基礎セミナーが行われました。
つみきの会会員と一般の方々、総勢24名の参加者の方がお集りくださいました。
会場の定員MAXの人数が詰めかけてくださいました。

新潟でつみきの会のイベントにこれほどの人数が集まるなんて滅多にないことです。
それもこれも、新潟の地方新聞『新潟日報』さんで取り上げていただいたお陰です。
話によれば新潟日報の紙面に「ABA」という言葉が載ったのは2度目、『つみきの会』という名前が載ったのは今回が初めてだったそうです。なんとデビュー戦にして満員御礼!ありがたいことです。

講義内容は、ABAの基礎知識と問題行動の対処、セラピーの進め方の三つ。
3時間弱という短い時間にギュッと詰め込み、駆け足で説明しました。

参加者の方々はご家族、療育関係者、教員、など様々でしたが、皆さん熱心に耳を傾けてくれました。
これを機にABAに出会い、問題行動を減らし、望ましい行動をできるだけ増やし、より質の高い生活を送れるようになるご家庭が増えて行けば…と願わずにはいられません。

日本ではまだまだ認知度が低いABAですが、効果が科学的に立証され、確かな療育であることは間違いありません。
質の高いABAが広まるように、今後も一同頑張っていきます!!!


まつい

秋の夜長に考えたこと

私たちNOTIAではABAを使った療育を行っています。つみきの会のテキストつみきBOOKとつみきプログラムを使ってお子さんの出来ることを一つ一つ増やしていきます。プログラムは、遊び、社会性、言語、概念、アカデミックスキル、身辺自立、基礎学習スキルなど多岐にわたります。

その中でも、大きな特徴の一つとしてコンプライアンスの重視があげられると思います。
コンプライアンスというのは企業などでは企業の法令遵守などを指しますが、ABAでは「大人の指示に従う姿勢」、つまり学習姿勢を意味します。

自分の好き勝手に動くのではなく、大人の指示に耳を傾け、「○○してね」と言われたら素直にする。そういった姿勢が学習を進めていくうえで重要だと考えています。コンプライアンスは学習の進行をスムーズにしてくれ、お子さんの飛躍的な成長をもたらすことにつながるのです。

もちろん、いつまでも大人主導で子どもの自主性を認めないわけではなく、徐々に子どもの選択の余地を広げて自主性を促していくのですが、比較的初期の段階でコンプライアンスを確立しておくというのは大きな特徴の一つだと考えています。

そのやり方は・・・?それは一言では語れませんので、ぜひつみきの会に入会してテキストを読んでいただきたいのですが(笑)、慣れるまでは中々忍耐が必要であります。

お子さんが泣いたり叫んだりしても、そのことで得をさせない。そのためには、お子さんが泣いていても顔色を変えずにいなければなりません。これはなかなかスキルのいることです。私は大体その間は時間を測って、心を強く持っています。笑

けれど帰りの車の中では、こう思うのです。いっぱい泣かせちゃったね。 ごめんね。。〇ちゃんが泣いて何かを欲しがったときにあげていればどんなに楽かと。
センセイだってね、〇ちゃんがギャーってないてお菓子欲しがったときにどうぞってあげりゃ楽なのよ。でもね、それだと〇ちゃんがよそで困るからね、だから欲しい時はどうするかのお勉強してるんだよ、と。

もうここは譲れないポイントなのですが、よく考えるとこれはもう愛情以外の何物でもないような気がしてきます。行動分析をする人が愛情とか言って―と思われるかもしれませんが、でもやっぱりお子さんのいい行動を増やしたい、問題行動を減らしたいというモチベーションは熱意や愛情なくしては語れないと思います。

そしてうれしいことに、NOTIAにはこのテンションで話をすると、「わかるー!」と分かってくれるセラピストが日本の各地にいるのです。みんなが真剣に目の前のお子さんのことを考え、行動をよくしていこうと頑張っているのです。

かんしゃく対応やコンプライアンスの確立は確かに大変かもしれませんが、それを乗り越えた先にどんな未来が待っているか知っているのです。

なんで今日はこんな熱いブログを書いているのでしょうか・・・。秋だから?きっとそのせいかな。笑
お目汚し失礼いたしました。

新潟 松井

BEARS上原さん講演会

東海地区の奥野です。
今日はオフなのに、夫が仕事でいないので、大掃除をしてみました。
気になっていた『洗濯槽の掃除』に初チャレンジ。
「お~~!汚れが浮いてきてる~!!」と、何度も中を覗いてしまいます。
汚れが見えることが、私が洗濯機を覗く行動を強化している・・・と考えると、強化子は『汚れ』。
・・・ちょっと可笑しいですね!

先々週の休日には、ABA BEARSの上原さんの講演会に参加してきました。
BEARSはアメリカのカリフォルニア州にある、ABAセラピーを提供している会社です。
朝から夕方まで、長時間の講演だったのですが、あっという間でした。
他のエージェンシーの方のお話を、そこまで詳しく聴けるチャンスはなかなかないので、非常に良い勉強&刺激になりました。
会社によってそれぞれのカラーもあるので、そういった意味でも面白いです。
またそういう企画がありましたら積極的に参加したいと思いました。

講演会には、NOTIAの新潟のセラピスト、松井さんも参加してました。

じゅんこさん講演会写真


真ん中が上原さん、左から二番目が松井さん、一番右が私です。(あとのお二人は、療育・学校関係の方です。)

セラピストは普段、他のセラピストと月に1度しか顔を合わせないので、こうして会うと、
「いくらしゃべっても話し足りない!」という状態になります。
松井さんに「セラピストは体が大事だから、ジムとか行って鍛えた方が良いよ!」と熱弁され、実は昨日近所のジムに入会しました(笑)
お子さんを抱っこしたりしますし、筋力がないと腰痛になりやすいですもんね。
めんどくさがりで続くかどうか心配な私ですが、ABA的にはこういうのは公表する方が良いそうです。
元気に長くセラピストのお仕事をするため、筋トレは続けていきたいと思います。

ホーム

プロフィール

㈱NOTIA

Author:㈱NOTIA
NOTIAはNO TEAR(泣かないで)。「お父さん、お母さん、泣かないで。私たちがついています」というメッセージを込めています。
NOTIAが目指すのは、自閉症をはじめとする発達障害を持つ幼い子どもたちのために、親とセラピストが対等な立場で協力し、励まし合ってABAセラピーに取り組む、という療育スタイルです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR