NOTIA通信

自閉症児のためのABAセラピーを行う「株式会社NOTIA」のスタッフによるブログです。

画伯誕生!

こんにちは。ブログ担当者です。

今日はNOTIAのセラピストが担当させて頂いているお子さんの作品を紹介したいと思います!!
ご覧ください、こちら↓↓↓

IMG_8530.jpg

ダイナミックな線さばきが見事です!!

こちらはライオン、アンパンマン、そしてバスです。
3歳半のお子さんの作品なのですが、とても可愛らしい作品だと思いませんか?

発達障がいを持つお子さんの中には、クレヨンやマーカーを持つことにすら抵抗があるお子さんがいます。中には抵抗なくクレヨンをもって描くお子さんもいますが、何かを描いて楽しもう、描くの楽しいよ~♪というごく一般的なアプローチを受け入れられないのです。大人からすれば「え、なんでこんなことが…?」と思ったりしますが、初めてのものに強い抵抗を感じたり、拒否する姿勢は発達障がいを持つお子さんにはよくあることだと言えます。

その原因はそれぞれですが、そもそも手先が不器用で成功体験を積めず、そのままやることもなく苦手なままだったり、手が汚れること自体に強い嫌悪感を感じたり。何をさせられるのか見通しが持てず、拒否をすることもあるでしょう。

そんな場合は、セラピーでスモールステップを使って教えていきます。まずは、クレヨンにちょん、と指先で触れたらOK!そのうち手のひらで触ってみましょう、おおできたね!出来たら次は手のひらに乗せるだけ。わ、できたねぇ。手のひらに乗せたら、次はそれを握ってみよう。お、すごいね! 

・・・という風にちょっとずつクレヨンに慣れさせていきます。スモールステップの作り方は、そのお子さんの「なぜ」によって変わってきます。ですから、ここでご紹介したものがどのお子さんにも当てはまるとは限りません。

けれど、ポイントはスモールステップで小さな成功体験を積んでいき、いつしか大きな目標に到達する、というプロセスです。

今回お絵かきを紹介させてもらったお子さんも初めからこんなに上手に描けたわけではありません。セラピストやご家族と一緒に、スモールステップでちょっとずつ描けるようになり、どんどん楽しくなり、今では自分でクレヨンを握ってお絵かきをするくらいになりました。

可愛いお手手でにぎにぎして、心の赴くままダイナミックにお絵かきと向き合っている小さな画伯がこれからどんな成長を遂げていくのか楽しみです!!


(ご家庭の許可を得て作品を掲載させて頂いております。ご協力ありがとうございます。心より感謝申し上げます。)



*****


NOTIAセラピー・コンサルティング申し込みご希望の方は こちら

お気軽にお問い合わせください!
E-MAIL:office@notia.co.jp
電話:078-915-8444
電話受付時間:月~金 10:00-12:00、13:00-15:00  

株式会社NOTIA: http://www.notia.co.jp
NPO法人つみきの会: http://www.tsumiki.org



感覚を教える

運動会シーズンがやってきました。
あちらこちらから、応援の声や、運動会の曲が聞こえてきて、またこの時期が来たな、とワクワクします。

私自身はもう大人ですから運動会に参加することもありませんが、あの思い切りのいい子ども達の声を聞いているだけで、こちらまで元気をもらいます。

私たちセラピストはセラピーの中で運動も教えます。ボールのやりとり、ケンケン…その他色々な体の動かし方をそのお子さんの年齢や到達度を考慮し、必要に応じて取り入れ、スモールステップで教えていきます。


先日、あるご家庭で「速く走る」練習をしました。こちらのお子さんは、走ることはできるのですが、いつも手と足の動きがバラバラで楽しそうに空を見上げながらマイペースに走ります。それはそれで楽しそうですしいいのですが、運動会に向けて、もうちょっと徒競走向けの走りが出来ないか…と親御さんと相談しました。そして、スタートの合図と共に全速力で駆け抜ける、を目標に(あくまで目標に!)あれこれ試行錯誤しました。

また、別の日には別のご家庭で、「自転車に乗る」練習、またほかのご家庭では「縄跳びの練習」をしました。

自転車も縄跳びも、私は当たり前に出来ますが、お子さんはできません。えっとね、このタイミングでこう!と口で説明しても、大抵それだけでは出来ません。「手を開かないでもうちょっと手首で縄を回してごらん?」といって出来る子は多分最初から出来ているような気がします。 

大人だって、言ってること分かるけど、体が動かないのよ!という事はよくありますよね。

トリプルアクセルが、前向きで踏み切って三回転半回って後ろ向きで着地するのだとわかっていても、できません。

バスケットボールのレイアップシュートは「ボールをゴールのところに置いてくる」感覚なのだ、と漫画で読んで分かっていても、試合を見てこれが上手いレイアップだと分かっていても、実際自分でやって上手くいったためしがありません。頭では分かっているけど、どう身体を動かしたらそうなるか分からないのです。


まあ、私がセラピーでトリプルアクセルを教えることはありませんが、運動を教える時やみくもにやってみろ!と言っても疲れるばかりですし、成功するとは思えません。まず、なにが出来ていてなにが出来ていないのかを見極めなければいけません。

そして、一つ一つ成功体験を積んでいきます。足はこう動かす、手はこう動かす。そして、それらが出来たら徐々にコンビネーションで動かしていくのですが、このコンビネーションがまた難しい。足がこう動いたタイミングで手が動く、とか、タタン、タタンのタンのところで手が動く、とかリズム感も必要でしょうしこれまた頭で考えていても出来ないという例のやつです。

ここはある程度練習を積むしかないような気がします。そのリズムとか感覚を、本人が気づいたらしめたものです。
この感覚を教えるコツって何でしょう。ある程度教える経験を積んできた私たちも、これです!というのがナカナカありません。
一人ひとりヒットする教え方も違いますし、出来るところ、出来ないところも違いますからツボも違います。
まさに親御さんと試行錯誤して、これだ!というスイッチを見つけることしかないような気がします。


私は小学生の頃、スイミングに通っていたのですが、バタフライが出来ず、何度も進級試験に落ちて涙したことがあります。
手と足のタイミングが分からず、言われた通りにやっているつもりなのに出来ませんでした。
日曜日に母と市民プールに行き、ああでもない、こうでもないと母と二人で必死に練習した時に、たまたま知り合いのコーチがいて、私たちの様子を見るに見かねたのでしょう、親身になって教えてくれました。その時にまず泳いでみて、と泳がせて、そのあと足の指導、手の指導をしてくれたのですが、その過程で

「自分は今までこれでいいと思ってたけど、この動きだと足りなかったのか、もっと大きく動かさなければいけなかったのか」
とか
「今まで違う通り道を通っていたのか、腕はもっと高いところから回さなければいけなかったのか」
とたくさんの発見がありました。

そして、その日を境に私はバタフライが泳げるようになりました。あ、わかった!とわかったその日のことを、大人になった今でもよく覚えています。そして今でも(多分)バタフライが泳げます。
小さい頃の成功体験を、大人になっても覚えているくらいなのでやっぱり成功体験というのは嬉しいものなのだと実感しています。

私たちが担当させてもらっているお子さんたちにも、たくさんの成功体験を積んで、やったあ!嬉しい!という気持ちをたくさん味わってもらえたら嬉しいな…と思います。


b919ef88e81be3265941b480da8febad_s.jpg




NOTIAセラピー・コンサルティング申し込みご希望の方は こちら

お気軽にお問い合わせください!
E-MAIL:office@notia.co.jp
電話:078-915-8444
電話受付時間:月~金 10:00-12:00、13:00-15:00  

株式会社NOTIA: http://www.notia.co.jp
NPO法人つみきの会: http://www.tsumiki.org

関東で活躍するセラピストたち

ゴールデンウイークは天気も安定せず、とても暖かい日があったかと思えば信じられないくらい寒い日もありましたね。
皆さまいかがお過ごしでしょうか。
さて、NOTIAでは各地で毎月勉強会を行い、地区ごとに集まり、頭から湯気が出るほど勉強しています。(笑)

今回は、関東で活躍するセラピストたちのご紹介です。
関東では10名を超えるSV,準SV,セラピストがご家庭に訪問させて頂いています。
それでもまだまだ人数が足りず…。関東ではお申し込みを頂いても、訪問出来ずお待ちいただいている方も多くいらっしゃいます。



20180510_121704_002_01.jpg

この日は普段勉強会を行っている関東オフィスではなく、会場を借りての勉強会でした。
この写真、手前味噌ですがみんなの笑顔がはじけるいい写真ですよね。

関東のセラピストたちは基本的に電車移動が多く、いつも大きな荷物を抱えてあちらへ、こちらへと飛び回っています。
電車の中で、強化子の音が鳴るオモチャが鳴ってしまい、恥ずかしい思いをすることもしばしば…。
時には山手線の通勤ラッシュの中でおもちゃが鳴ってしまい赤くなることも…。(笑)

けれどそんな恥ずかしさには負けず、今日も明日も元気にセラピーを行っています。

今年度も頑張って行きたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします^-^

***



NOTIAセラピー・コンサルティング申し込みご希望の方は こちら

お気軽にお問い合わせください!
E-MAIL:office@notia.co.jp
電話:078-915-8444
電話受付時間:月~金 10:00-12:00、13:00-15:00  

株式会社NOTIA: http://www.notia.co.jp
NPO法人つみきの会: http://www.tsumiki.org

勉強会を行っています。

いよいよゴールデンウイークも半分を過ぎようとしています。
皆さんは平成最後のゴールデンウイークをどのように過ごしていますか?(正確には来年の4月末の休みはまだ平成ですね)

さて、NOTIAのセラピストは、毎月一度各地で勉強会を行っています。
勉強会ではデモのお子さんにご協力いただいて、セラピーをしたり、ビデオによるビデオ検討も行っています。
小休憩の間は日頃の悩みや疑問が飛び交い、その後の講義ではABAの奥深さを学び、いつもみっちりと勉強しています。
そのため、帰路につく頃には頭から湯気が立っているのではないかと思うほど、お土産という名の知識でパンパンになってしまいます。

こちらは4月の勉強会の時の東海地区のセラピスト達です。
この日は一名セラピストが欠席したので5名での撮影になりました。

S__20135967.jpg

穏やかな笑顔でいつも子どもたちの「できる!」を増やすお手伝いをしている東海セラピストたちです☆
これからもお子さんとご家庭の笑顔を増やすため、がんばっていきます。どうぞよろしくお願いいたします


***



NOTIAセラピー・コンサルティング申し込みご希望の方は こちら

お気軽にお問い合わせください!
E-MAIL:office@notia.co.jp
電話:078-915-8444
電話受付時間:月~金 10:00-12:00、13:00-15:00  

株式会社NOTIA: http://www.notia.co.jp
NPO法人つみきの会: http://www.tsumiki.org

ホーム

プロフィール

㈱NOTIA

Author:㈱NOTIA
NOTIAはNO TEAR(泣かないで)。「お父さん、お母さん、泣かないで。私たちがついています」というメッセージを込めています。
NOTIAが目指すのは、自閉症をはじめとする発達障害を持つ幼い子どもたちのために、親とセラピストが対等な立場で協力し、励まし合ってABAセラピーに取り組む、という療育スタイルです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR