FC2ブログ

自分へのご褒美

未分類
04 /08 2015
こんにちは。

久しぶりの投稿になってしまいましたm(_ _)m
秋田の佐藤です。

新年度を迎えて、ここ秋田も少しずつ暖かくなってきました。
秋田生活も2年目になりましたが、毎日慌ただしく楽しく過ごしております。

4月といえば、私と娘たちの誕生日月なので、今からワクワクです。
私はもう歳をごまかしたいくらいですので、誕生日なんか迎えなくてもいいのですが
娘たちは早いもので2歳になります。
毎日元気に保育所で遊んでいるようです。

はぁ〜子育てって楽じゃないですね。
楽しいこともあるけどそれだけじゃない!

自分で子育てするようになって改めて母親の大変さ、仕事の両立の難しさを感じております。
世のお母さん方は本当にすごい!

私は仕事では強化できるのに家庭では怒ってばっかり。。
そんなことも多々あり、たまに自分が情けなくなります。

日々担当のケースの親御さんとお話しする時も母親の気持ちも少しはわかるようになったので、考え方や助言の仕方も変わっていった気がします。
たまに、お互いの愚痴を言い合っていたり、
主婦トークになっていたり、面白いですね。

子育てや療育は毎日のことですし、
先のことを考えるとため息をつきたくなる時もきっとあるはずです。

もちろん楽しいこともあるので、全部マイナスに考えず先ばかり見るのではなくて
1日1日を精一杯生きる。そして、頑張っている自分にもご褒美を与えます(笑)

私は強い人間でもなければ、立派な人間でもありません。
たまには、息抜きしたいとかわがままも言いたい時もあります。
ご褒美も欲しいですよね。

子供の成長が何よりも自分の強化子になりますが、
もっと頑張っているお母さんにもご褒美があってもいいと思います。

セラピー終わった後の大好きなチョコレート。
1日働いた後の一杯の梅酒。
いい香りのする入浴剤入りのお風呂。
パパさんの「いつもありがとう」とか「君のおかげだよ」などの感謝の言葉。

小さなことだけど、モチベーションを維持するためには
チョコも梅酒も欠かせません。(わたしの場合)

パパからの言葉も嬉しいものですよね。
たまに言われるとふふって照れてしまいますが。
「まーね」とクールに言って、心でにやけてます。


以前聞いたことがあった話ですが、
あるパパさんがママさんに子供の行動を見て
「もっとできると思っていた」と何気ないことを言ったそうです。
それを聞いて、毎日一生懸命やっているママさんに向かって、
何てことを〜と思っちゃいました。
ママさんの努力と子供の頑張りで、
十分褒めてあげたいところなのに、
それもなく、そりゃないよパパさん〜って。
(だったら、パパもセラピーやってみろ〜ってちょっとダークな一面も出たりね)
とってもママさんも悲しんでいましたよ。



「こんなこともできるようになったんだね」
「ママ上手に教えてるんだね」「すごいじゃないか〜」など。

そうすれば、明日も頑張ろうという気持ちになり、続けることができると思います。

もちろん、パパに対しての優しい言葉掛けも忘れずに!!
(自分に言い聞かせながら、書いてました)




それではまた。



佐藤ともみ






コメント

非公開コメント

㈱NOTIA

NOTIAはNO TEAR(泣かないで)。「お父さん、お母さん、泣かないで。私たちがついています」というメッセージを込めています。
NOTIAが目指すのは、自閉症をはじめとする発達障害を持つ幼い子どもたちのために、親とセラピストが対等な立場で協力し、励まし合ってABAセラピーに取り組む、という療育スタイルです。