FC2ブログ

運動の教え方

勉強会
03 /09 2013
先日まで寒い、寒いと思っていましたが、最近あっという間に春の陽気になってきましたね。
ご無沙汰しております、新潟地区SVの松井です。

先日、東京セラピスト勉強会があり、参加してまいりました。
その日の東京は20度近くまで気温が上がりました。
朝、車のフロントが凍っていた新潟から、半袖でも過ごせそうな東京へ。
差が激しくて、体がついていきません。

さて、今回の勉強会のお題は「運動の教え方」でした。
ジャンプやボール投げ、ブランコ、なわとび、そしておにごっこやドッジボールなどルールのある遊び。
どのように教えたらお子さんが出来るようになるのか、の勉強でした。
経験談を話したり、講義をしてもらったり、実践したり。

いつもながらに盛り上がった勉強会でした。
atarashii

上は縄跳びの練習風景です。
初めから一人で回して飛ぶことを教えるより、大縄から教えたほうが教えやすい、しかも一人で飛ばせるのではなく、大人と一緒にその場で飛ぶ練習をすることから始めて、出来るようになったらスモールステップで少しずつ進んでいくといいよ。。。といった感じの内容だったでしょうか。今回もPCで遠方のセラピストも見学中。

ちなみに、上の写真の一番右に立っているセラピストが持っているのは、代表のお手製、特製なわとび練習器。
025.jpg
アップにするとこんな感じです。
写真だけではこの凄さが分からないかもしれませんが、これはすぐれもの!実際この器具を使って練習して、綾ちゃん(代表の娘さん)は縄跳びが飛べるそうです。売り出してほしい!と思うような器具でした。

007.jpg
縄跳びのほかに、ボールのやりとりのやり方もやりました。
まず転がすところから。手のひらをこうして下に向けてパーにして、それでコロコローっと転がす。。。
この手が出来ないお子さんがいるから、こんな風にしてね、とアドバイスです。

こんな風に丁寧に、みんなで考えながら進めていく勉強会はいつもあっという間に終わってしまいます。
普段会えない分、一カ月に一回会うと会話が止まりません。(私だけ?)
休憩時間も質問やアドバイスや近況などがあちこちで聞こえてきます。笑い声や雑談も聞こえてきます。

今回は、3月で県外に異動になるセラピストがいたので参加したセラピストみんなで最後に写真を撮りました。
026.jpg

手前味噌ですが、みんな素敵な笑顔だと思いませんか?!
まさにセラピストにあるべき笑顔!こんな笑顔で「やったね!」「すごいね!」と強化されたら嬉しいですよね♪

元気いっぱい、笑顔いっぱいで関東チーム(+新潟チーム)はがんばっています!^-^

コメント

非公開コメント

㈱NOTIA

NOTIAはNO TEAR(泣かないで)。「お父さん、お母さん、泣かないで。私たちがついています」というメッセージを込めています。
NOTIAが目指すのは、自閉症をはじめとする発達障害を持つ幼い子どもたちのために、親とセラピストが対等な立場で協力し、励まし合ってABAセラピーに取り組む、という療育スタイルです。