NOTIA通信

自閉症児のためのABAセラピーを行う「株式会社NOTIA」のスタッフによるブログです。

マラソン大会でひと工夫!

こんにちは。
こちら秋田はすでにヒーターを作動し、もうすぐ雪がふるんじゃない?というくらい寒くなりました。湯船に浸かる時間も長くなりましたね!

さて、松井さんがマラソン大会の話をされていましたが、私のケースのお子さんもマラソン大会の練習で日々頑張っているという事を以前に親御さんから聞いておりました。
もう終わったところがほとんどですが、そのおかげで疲れ気味になったり、ちょっと生活のリズムも崩れてしまったというケースもあるそうです。

また一番びっくりなのが小学校高学年ともなれば2キロ以上走る学校があったり、マラソン大会の後は鍋っこをする地域もあるそうで、嫌な行事の後にはいいことが用意されているなんて工夫している学校があると聞いて驚きました。

走ることが好きな子であればいいですが、ほとんどの人はできればしたくないし、苦手な子が多いと思います。

私も自分の小学時代のマラソン大会が本当に嫌いで、一度だけ仮病使って休んだことがありました。決して足が遅くてという理由ではないのですが。単に、負けたくないから参加したくなかったのですよね。回避行動ですよね。なんて情けない話。

もし走った後に何か褒美があったらもっと楽しく積極的に参加できたのかなと思ってしまいました。私の学校も鍋っこがあったら、走るのはしんどいけど美味しいものがあればそんな疲れも吹っ飛び、マラソン大会は辛かったという思い出から、美味しくて楽しかったという思い出に変わっていたかもしれません。

私なんて罪悪感しか残ってませんから、今更ですが反省です。



そうそう!
あるケースでマラソン大会の練習の時にイヤホンをつけて好きな曲を聴きながら走ったという話を聞いて、素晴らしいアイディアだなと思いました。
曲を聞くことが好きなお子さんでしたので、走ることがそんなに好きじゃない子に曲を聴かせることでモチベーションを上げて楽しく走ることができたのは工夫されたなと思います。

よく、ジョギングをしている人がイヤホンをつけて走っているのを見かけますがそれを学校で許可して、実現できたのはすごいなと思います。

曲はリピートしておけばいいし、見通しがある方がよければちょうど終わる時間を見計らってその分の曲を入れておいて、この曲が終わるまで走るよという事が理解できればいいかもしれません。

ともかく、ただ走って嫌なイメージを残すよりはその子に合わせて工夫する事で楽しく走れるならそっちの方が楽しく参加できていいのではないでしょうか。


もし来年こそは走らせたいと思っている方は参考までに。
また、こんな工夫で走れたという情報があれば是非教えて欲しいです。


佐藤ともみ

マラソン大会の季節

皆さんこんにちは。
ご無沙汰しておりました。季節はあっという間に秋。学校では登山や遠足、そしてマラソン大会などの行事が
とり行われています。

マラソン大会…。
足の速いお子さんや持久走が得意なお子さんにとっては、自分がスターになれるまたとないチャンス、
楽しみにしていることでしょう。
しかし、多くのお子さんにとっては、「ヤダなー」な行事なのではないでしょうか。

私が小学校の頃もマラソン大会がありました。
海にほど近い小学校に通っていたため、マラソン大会は海沿いの「サイクリングロード」と呼ばれる公道をが
マラソンコースでした。

いやだなあ、もうすぐスタートだなあと思いながら海を見ていたら、遠くでイルカ(らしき生き物)がジャンプして
みんなで「イルカ!イルカ!」と大騒ぎしたことを思い出します。
果たしてそれがイルカだったのかは分かりませんが、せっかくの思い出、イルカだったのだと思うことにしています。

秋は紅葉に栗、お芋ほりに梨と楽しみと美味しいものがいっぱいの季節です。
皆さんも短い秋を存分に楽しんでください♪

松井

夏の札幌定例会

こんにちは。北海道、秋本です。
こちらは涼しい日も増えてきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回は8月27日に札幌定例会が行われましたので、その様子を簡単にご報告いたします。

個別指導は音声模倣に取り組むお子さんがとても多い回となりました。
皆様、中々出ない音が有り、苦労していらっしゃるよう。
もちろん私にも、その気持ちはよ〜く分かります。
代表によるアドバイスが多々有りましたが、特に指を使った技術で新しい音を引き出す様は圧巻でした。
指を舌に当てる動きをお子さんに模倣してもらうことで、ナ行やタ行の音を初めて出せたお子さんもいたのです。
その際は「動きを模倣してもらう」ところがポイントのよう。
お子さんの口に大人の指を入れて、噛まれちゃうと大変ですからね。

sapporoT.jpg

後半の講義はESDM(Early Start Denver Model) についてのお話でした。
「遊びの中でABAを用いて学んでもらう」スタイルは、お子さんのモチベーション維持にはとても良いと思います。
一方で、遊びに乗ってこないお子さんへの対応や、「10秒に1回」のペースで遊びながら学習機会を設けることについては相当の習熟が必要そうです。
つみきスタイルのセラピーにおいては、般化練習のときにESDMのやり方を生かせそうに感じました。

最後に、北海道で活動させていただいたセラピストが産休に入るに際して、お子さんたちからお花を渡していただく場面がありました。
本人はもちろん、私も感動してしまいました。本当にありがとうございます!

特別支援学級の先生と!

こんにちは。
秋田はお盆が過ぎてすっかり朝と夜は過ごしやすくなってきたました。
体調を崩されている方も多いですが皆さんは大丈夫でしょうか。

さて、先日お子さんが夏休みということで学校の担任の先生がセラピーの見学をしに来てくださいました。

過去にも何回か来てくださっていて、学校での様子をお聞きしたりセラピーの課題を見てもらって学校でも取り入れてくださったりと連携をよくしているケースなんです。

私自身、親御さんから学校の様子をお聞きしていますが実際のところよくわからないところもあるのでそれをお伝えしたら、担任の先生の方から学校に来ませんかとお声をかけていただけたので、何度か学校にも様子を見に行ったことがあるのです。

今度また夏休みが明けたら行けるということだったので楽しみにしております。

メリットとしては、直接お互いのやっていることを見れるので、学校側が課題を導入する上でスムーズに進めることができましたし、学校でこんなことが難しいと教えられたことで、家に持ち帰り練習できたことで習得することができました。

とても、有意義な時間ですし連携も良くできているので大変やりがいを感じられます。

先日は先生が最近のAくんの様子の変化を教えてくださいました。

以前ならクラスのお友達がどう関わったらいいか戸惑っていた部分もあったそうですが、
最近は積極的に関わるようになって、Aくんも楽しそうにしているそうなんです。

その背景には、して欲しいこと・して欲しくないことなどの意思表示を対子供にもできるようになったのだと考えられます。以前だったら、反応も無かったのでお友達もどうしたらいいか分からなかったと思いますが、仕草だったり、表情で分かるようになったことで、一緒にいて楽しいと思えるようになったのではないでしょうか。

Aくんも自分のリクエストに応えてくれるお友達が好きになり、一緒にいることが楽しいと思えるようになったのではないかなと考えられます。

うまく言葉では伝えられなくても、非言語コミュニケーションやジェスチャーで共有できることって素晴らしいなと思います。

また、Aくんは体育の時間の体操が少し苦手で笛の音や掛け声で耳ふさぎをしてしまい、
体操をさせるのが難しかったんですが、クラスのお友達が掛け声が無くても合わせられるよねと言うことで、無言で体操をしたところ、Aくんも嫌がらず真似をして少しずつできるようになったと言う報告を受けました。

幼稚園時代のセラピーだったら、なんとかみんなに合わせられるように掛け声に慣れさせるプログラムを立ててセラピーをしていたと思いますが、、
小学生ともなれば、みんなで話し合ってその子に合わせてあげようと決められるところがすごいなと感心させられました。

学校の先生が「合理的配慮ですね」と嬉しそうに話しくれました。

私もクラスのお友達がAくんに合わせて、一緒に参加できるように考えてくれたことがすごくありがたいし、感動しました。

Aくんにとって、先生をはじめ周りのお友達に刺激を受けて成長できている部分がたくさんあって幸せを感じますし、周りのお友達にとってもAくんの存在によって共に生きることを考えてもらえる貴重な経験になっているのではないかなと思います。


最後にセラピーや学校の見学などスムーズにできるのも親御さんのお声かけがあってこそですので、貴重な体験をさせていただいて本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

今後も学校とご家庭と一緒に協力しながらAくんの成長を見守っていけたらなと思いますのでよろしくお願い致します。






佐藤ともみ

こんな時はどうしよう

皆さんこんにちは、新潟の松井です。

先日小学生になったお子さんのコンサルティングに伺ってきました。

未就学の時にはNOTIAのセラピストと共に頑張っていた彼も今は通常学級で毎日楽しく学校生活を送っています。

ただ、少々言葉がつたない時があり、特に自分の好きなことについて夢中で話し始めると早口すぎて相手に伝わらず、
学校や学童でイライラする場面が何度か見られたとのことでした。お友達に手は出ないまでも、ちょっとこのままだと危ない気がする…という親御さんのご相談により、お子さんと「こんな時どうする?」を一緒に考えてみました。真っ白なスケッチブックにイラストを描きながら二人でアイディアを出しました。

T(セラピスト)「ねえ、Sくん、イライラするってどんなことか分かるかな」
S(お子さん)「うん、イ~~~!!ってなること」と体に力を込めてイライラした様子を表現します。

T「おお、すごい、知ってるんだね。じゃあさ、こんな場面について考えてみようか」
とイラストを描きます。

T「Sくんが、大好きな○○の話をしてるとするよね」 カキカキ
S「うん」
T「なのに、お友達は、何言ってるのか分かんなくて、何?もう一回言って、って何回も言うんだよ」
S「えーなんで分かんないの!」(ちょっと怒った風に)
T「ねえ、なんで分かんないんだろうね! お友達に通じない時、どんな気持ちかなあ」
S「イライラするよ!イーーって」
T「そうだよね、イライラするよね。そうすると、もしかして叩きたくなったり、怒った声を出したり、イ~ッって言いたくなるかなあ。
S「うーん・・・」

(この辺は実際はもっと時間をかけて話を進めて行ったのですが、ブログのため割愛しています。)

T「きっとイライラしてるから、力が入っちゃうんだね。じゃあさ、イライラしたら、それを静めるのはどうかな」
S「いいね!」

というわけで、二人でどうしたらイライラがしずるか、アイディアを出し合って、実際に演劇よろしくシミュレーションしてみました。
そして
T「この方法どう?イライラなくなった?」と感触を確かめ、結局①大きく息を吸ってはく、と②自分の体を自分でギューッとする というのがよさそうだという結論に達しました。

するとS君が
「先生、ちょっとかして」とスケッチブックを自分の方向に向けおもむろにイラストを描き始めました。
私としては(あんなに絵をかくのを嫌がっていたS君が、自ら絵を描いている・・・)という感動と(何かすごい良い事を思いついたのかしら!)というワクワクで、じっと見守りつつももう口元には笑みを隠し切れずにいました。

S君は「イライラがとんでった」というイラストと穏やかにお友達と話をしているイラストをかいてくれました。(右)
私とS君の話し合いのイラストはこちら。お母様から許可を頂いて掲載させていただきます。↓

anger.jpg

左上から左下、右下、右上の順番に(反時計回り)進んでいます。
見せるように書いていなかったのでよくわからないかもしれませんが、私とS君にとっては道しるべになる一枚です。

これが完成した時には二人で「これ、すっごい分かりやすいね!いいのが出来たね!」と興奮してしまいました。笑
S君は過去の私との話し合い(?)の記録をこうしてスケッチブックのまとめてS君ノートを作っています。
まさにS君にカスタマイズされたソーシャルスキルブックです。
その本にまた一ページ新しいものが加わりました。

夏休み明け、学校でイライラに遭遇する場面でこの一枚が役立ちますように。。。今はそんな風に願っています。

松井

<< BackホームNext >>

プロフィール

㈱NOTIA

Author:㈱NOTIA
NOTIAはNO TEAR(泣かないで)。「お父さん、お母さん、泣かないで。私たちがついています」というメッセージを込めています。
NOTIAが目指すのは、自閉症をはじめとする発達障害を持つ幼い子どもたちのために、親とセラピストが対等な立場で協力し、励まし合ってABAセラピーに取り組む、という療育スタイルです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR